平塚市の内視鏡・内視鏡検査なら平塚内視鏡センターまで
HOME>検査の流れ

検査の流れ

胃カメラの場合
内視鏡をおこなう方の鼻腔に出血防止と麻酔の処置(約3分)
鼻からのカメラはここからスタートです。
矢印
鼻腔に4.4mmのカメラより細い管と6.0mmの太い管をそれぞれ通します(カメラは5.0mm)(約4分)
以下は鼻と口からのカメラ同様の流れです。
矢印
のどに麻酔のスプレーをかけて、のどの麻酔をします。(約1分)
矢印
いよいよ横(左臥位)になって始まります。検査前に検査中の注意を簡単に聞いてからはじめます。リラックス!リラックス!
矢印
食道→十二指腸→胃→食道→咽喉頭部の順で当院では観察します。(口:約5分 鼻:約7分)
矢印
胃カメラ終了後、医師の結果説明を聞いて、必要であれば薬の処方箋を出して終了です。
矢印
以上1)~6)まで朝一番の予約では口のカメラでは約30分、鼻のカメラでは約40分です。
(他の診療もあるので時間は平均です)
大腸カメラの場合
まずは来院後、大腸カメラ専用パンツに着替えていただきます(上半身は特に着替えません。)
矢印
当院では必ず薬を入れるために必要な静脈ルートをとるため点滴をいたします。
矢印
医師から簡単な注意事項を聞きます。
矢印
麻酔や痛み止めをご希望の方は先ほど取ったルートから薬を入れます(希望のない方は何もしません)
矢印
肛門部に麻酔と潤滑のゼリーを塗ります。
矢印
検査開始です。検査は右下腹部、回盲部(盲腸のあるところ)までカメラを挿入します。 人によってマチマチですが、10分~30分ですべての検査が終了をします(平均15分)
矢印
麻酔をしている方は1~3時間ぐらいベットで寝てていただきます。 麻酔をしていない方は問題なければ着替えていただきます。
矢印
医師から検査結果を聞きます。また必要であれば薬の処方箋を出して終了です。