平塚市の内視鏡・内視鏡検査なら平塚内視鏡センターまで
HOME>内視鏡とは

経鼻内視鏡

経鼻内視鏡
経鼻内視鏡(鼻からの内視鏡)について

当院の鼻内視鏡は、従来の5.9mm、2方向にしか曲がらないフジノン社のものではなく、5.2mm、4方向曲がるオリンパス社のものです。
平塚でもまだまだクリニックレベルではこの内視鏡を入れているところは少ないと思われます。

ではこの鼻からの内視鏡、なぜ口からの内視鏡よりも苦しくなくできるのかというと、みなさんが一番胃カメラをするときに嫌なことである、いわゆる<ゲ~>ってやつ、つまり嘔吐反射をおこしにくいということなのです。

ではなぜ嘔吐反射をおこしにくいかというと、従来の胃カメラ9mmより細いのも1つですが、鼻から入れることで皆さんが<ゲ~>ってする大きな理由の舌根部をよけて、胃のほうへ通過できるからなのです。
舌根部の<ゲ~>ってやつは、いわゆる指を口の奥に入れて<ゲ~>ってするやつと同じことです。
実際、嘔吐反射も全くといっていいほど起こらず、食道(喉のほう)に入り、何の問題もなく観察できております。

ただし、業者はこれを否定はしますが、やはり画像の質は口からのカメラのほうがやや軍配が上がるでしょうか。
ですので、健診やそれに順ずる検査に関しては全く鼻からの内視鏡で問題ないですが、やはり細かいものを見なくてはならない、または精密検査を目的とする内視鏡の場合は、私はまだまだ口からの方が良いと思っています。
ただ、鼻の内視鏡を一度経験すると2度と口からやりたくない、また鼻からなら1年に1回ぐらい内視鏡をしてもよい(患者さんの1人は毎月でも良いと言っていましたが、丁重にお断りしました(笑))という方が増えるのも事実です。

胃のトラブルでお困りの方は1度当院へ、適応とご希望とを総合的に考えて、胃カメラが必要な場合はこれも相談にて鼻からか口からかを考えていきましょう!

内視鏡検査の流れはコチラから>>
内視鏡で発見出来る主な病気についてはコチラから>>