平塚市の内視鏡・内視鏡検査なら平塚内視鏡センターまで
HOME>内視鏡とは

内視鏡とは

内視鏡概要
内視鏡検査と聞くと、普通は胃・大腸カメラの検査をイメージする人が多いかと思います。
しかし、内視鏡は消化器以外にも各臓器ごと、又は使用目的ごとに作成され、数多くの種類があります。
その大きさも目的に応じて様々です。
現在主流となっているのは細い管の先に小さなレンズとライトが付いた、先端にCCDセンサーが内臓されている内視鏡です。内視鏡のチューブの細い穴を通して診察に必要な色々な器具を挿入し、ポリープを電極で焼き切ったり、細胞を採取することなどができます。

内視鏡では粘膜面の微妙な色や凹凸が観察でき、胃炎や胃潰瘍の他、早期のガン発見にとても有効です。特に当院のカメラはハイビジョンを使っていますのでより詳細に観察ができます。また、内視鏡検査は病変の一部をその場で採取(生検)し、良・悪性を判定することができます。

当クリニックでは専門クリニックとして、胃、大腸内視鏡検査が可能な、しかも詳細検査ができる環境を整える事で、胃・十二指腸潰瘍、ピロリ菌感染、 胃ポリープ、胃がん、大腸ポリープ、大腸がん、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)などの消化管疾患を中心とした専門性の高い診断・加療を皆様に提供させていただきます。
また簡単なポリープ切除(ポリペクトミー)は外来で切除いたします。